アルプスのふもとで農業体験

nogyo8-5


さくらんぼ

路地のさくらんぼがかなり色ついてきています。もう早い農家でははしりの出荷が始まります。ナンプス地方のさくらんぼ農家ではここ3週間くらいで1年分の仕事をしてしまいます。夜も地下たびをはいたまま眠るといううわさもあります。農家の皆さん体に気をつけてください。(5月30日)


桑の実

この時期になると桑の実が実ります。昔子どものころには甘いお菓子が少なくてこの桑野実をおやつ代わりに食べました。口の周りや口からたれた果汁でシャツの胸が赤く色ついておふくろに怒られたものです。ナンプス地方はこのところ桑がほとんど見られなくなり、東京にいる友人の話では桑のみはフランス料理の高級食材だそうです。そういえば甲斐市などでは桑の実摘み取りツアーなどを計画しているようです。(5月28日)


ふき

蕗の葉が大きくなってきました。やがてこの蕗の茎を摘んできて皮をむいて(剥かなくてもいいほど柔らかいのもあります)煮物にしますこの辺の蕗の煮物は少し味が濃いのですが結構おいしいです。(5月27日)


もろこし

トウモロコシの苗が大きくなってきました。この辺では自家用のもろこしを植えます。初夏にもろこしをゆでて食べるのが楽しみです。この頃のもろこしはとても甘くて柔らかくて美味しい種類がうえられています。(5月26日)


家庭菜園

近所では家の庭に簡単な野菜を作っている家庭が多く見られます。今は茄子やキュウリ、豆などの芽がのび始めていて、その隣にはレタスや大根植えています。豆類ももうエンドウは終わり空豆や、この辺ではナリッコクイッコと言うつるになる豆とか、ジャガイモとかいろいろな野菜を少しづつ育てています。(5月25日)


庭の花

庭に花が咲いています。春の花バラと春の終わりの花ボタンです。昨日はたらの芽を採ってみましたがもう完全にこわい感じでとげも強く口に入れるといたいのでもう食べられません。庭には今イチゴが沢山実り、ハウスのサクランボは終わりに近付き露地物が色付いて出荷が初まります。(5月24日)


へびイチゴ

へびイチゴが桃の木の下に赤い実をつけています。このところへびイチゴもあまり見かけませんでしたが今年は道路わきの果樹園に沢山実っています。昔母親が生きていたころへびイチゴを摘んできて焼酎につけて数年おいたものを虫刺されや化膿する前の熱を持った患部に塗布したのを思い出しました。(5月23日)


柿の花

柿の花です。これは多分いちろう柿という渋柿です。甘柿もほとんど同じような花です。こんな小さな花で秋にはちゃんとした柿がなるので不思議な気がします。(5月22日)


じゃがいもの花

ジャガイモの花です。ジャガイモの花は普通に考えると無用のものです。でもこの時期のジャガイモには花が咲きます。(5月21日)


キウイの花

キウイの花が咲き始めました。キウイは今頃は花が咲いて秋に取り入れその後冷温庫に数カ月おきますと甘みが出てきますので正月ころ出荷します。(5月20日)


色つき

昨日書き込んだように路地のさくらんぼが色つき始めました。もうハウスのさくらんぼはほとんど終わりいよいよ6月にはいると路地ものの出荷やさくらんぼ狩りが始まります。山梨のさくらんぼは東北地方よりやや早く都心に近いためにさくらんぼ狩りの客が沢山来ます。(5月19日)


消毒

さくらんぼもぼちぼち色付き始め農家では朝早くから消毒作業を行っています。この写真のように手前のSS、奥の軽四、その奥に又SSが見えます。朝早くから始めるのは午後になると風が出てくるので午前中に終わらせるために時間がたりなくなるからです。(5月18日)


やぐるまそう

やぐるまそうが咲いています。いつだれが種を撒いたのか解らないのですが近所にいっぱい咲いて我が家の入口の脇の花も沢山開いています。私は花の名前はあまり知らないのですが昔「矢車剣之助」という漫画に関連してやぐるまそうは解ります。(5月16日)


びわ

我が家のびわです。毎年六月に黄色く色つき食べられるようになります。今年も五月半ばを過ぎて実がかなり大きくなり例年のように6月には黄色くなるでしょう。(5月15日)


ねびる

この辺の畑にはいたるところにネビルが生えています。このネビルは小さなねぎのような根が出ます。少し辛くて調理味噌などでそのまま食べると酒の肴にもってこいです。(5月14日)


イチゴ

庭のイチゴが赤くなりもう食べられます。このイチゴは庭の片隅に実っているからか見た目は悪いのですが結構甘くておいしいイチゴです。ナンプス地方を含めて山梨では甲州八珍果があるといわれていますがイチゴは入っていないと思います。(5月11日)


カラスノエンドウ

高速道路の橋げたの脇にカラスノエンドウが咲いていました。この付近の畑や道端にはよく生えている草ですが生命力の強い草です。(5月10日)


ポピー

朝散歩の途中で見かけましたポピーが満開です。明日からナンプスではアヤメを育てる会の主催であやめフェアーが行われます。少し前までは市の主催でアヤメ祭りは行われていましたが今年は約1kmの河川敷に約2万本のアヤメが満開だそうです。残念ながら明日,明後日は天気があまり良くないようです。時間のある方は今日見にきたら良いと思います。ただアヤメには雨がにあうかも。(5月9日)


つつじ

近所の庭のつつじが満開です。道路ばたのあやめもきれいに花をつけています。今週の土日旧櫛形地区ではあやめフェアが行われます。(5月8日)


荒れ地2

気になったのでここも写真にとりましたが荒れ地になっています。手前は去年まで確か桃の木があり収穫していましたが今見ると木を切り払って草が生えています。国道52号のバイパス(甲西バイパス)沿いのわりと広い農地です。(5月7日)


ぶどう

ブドウの葉がのびてきました。ナンプス地方のブドウの出荷はデラなどは7月初め、すぐに続いて10月末の甲州までずっとブドウの生産が繋がります。(5月6日)


荒れ地

ナンプス地方はだんだん後継者のいない農地が増えてきております。農地は法律の網をかぶっているために農地以外に使えないのです。またその農地を買う人は農業経営者でなければならない訳です。普通の人が農地を買って農業をする事も出来ないし、宅地や商用地に転用も出来ない訳です。何か良い知恵を教えて下さい。(5月5日)


ジャガイモ

ジャガイモの葉が大きくなってきました。このままだと多分6月には新じゃがが食べられると思います。今年はバターが品薄とかで新じゃがをバターで食べるのはおいしいのですが品薄で値上がりだと少し寂しい気がします。(5月4日)


荒れ地

4月にも写真を載せましたが後継者がいなかったり後継者になる人が都会へ出て行っていたり、又は耕作者が高齢になったりで耕作されない農地が沢山有ります。このままだとやがて荒れ地だらけになってしまわないかと思ってしまいます。耕作希望者に紹介します。この連休中に写真をもう少し載せてみようと思います。(5月3日)


あやめ

いよいよあやめが咲き始めました。合併する前は旧櫛形町の花で櫛形山は東洋一のあやめの原生地といわれていましたがこのところほとんど花が無くなってしまったそうです。動物に食べられたのか気温の変化が原因なのか調査中で山頂のあやめ祭りは出来なくなってしまいましたが平地であやめウィーク来週行われます。(5月1日)


朝日

5月の朝日が昇ります。気分的にはさわやかで昨日(4月30日)はナンプス地方の気温は29度近くまで上がりました。いよいよ夏が近くなるということかな?南アルプスビズではネットワークカメラを使っての管理ビジネスをはじめました。(5月1日)

a:3996 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional