アルプスのふもとで農業体験

nogyo09-4

習慣フルーツ日記 ・・・ ナンプスビズへようこそ

このページにはアルプス(ナンプス)市地方の果物に関する情報を載せていきます。冬場には果実はないし、花も咲かないし葉もないし・・・そんなときには周囲を見回すと良く見える富士山・八ヶ岳・南アルプスそのほか周囲の山々や季節の風物詩などを掲示する予定です。


しばざくら

三連発の三つ目、前の二つの写真を撮った日、実は仕事で北杜市まで行ったのですが途中本当に春らしい風景に出会いました。前にもシバザクラを載せましたがこほ写真のほうが本当に春らしいと思えます。(4月24日)


富士山

三連発の二つ目、富士山をれんげ畑から撮りました。前の八ケ岳の写真を撮ったときに、帰りに田んぼにレンゲが咲いておりその向こうに春の富士が見えました。少しかすんでいましたが春の感じでした。レンゲはまだ少し早いようです。(4月23日)


八ケ岳

チョットいい写真が撮れました。これから春の風景を三連発したいと思います。実はこの八ケ岳の写真は22日に載せようと思ったのですがちょっと手を入れ忘れて写真が表示できなくて遅くなってしまいました。22日に日付で載せます。八ケ岳のふもとで菜の花の畑から山をとりました。(4月22日)


おおてまり

庭のオオテマリのはなが咲き始めました。まだすこしグリーンがかってていますが日一日白くなって行きます。春が深くなる前に咲き終わるはなが多いのですがこの花はけっこう長時間咲いています。又気が大きくなればなるほどはなが多くなってきます。(4月21日)


いちごの花

庭にイチゴの花が咲いています。6月になったらイチゴが…と思っていたら隣の畑のイチゴはもう色付いていました。今年は暖かかったので果物すべてが早いようですが、いい物ができるといいんですが早い年は霜にやられたりすることが多いものです。(4月18日)


しばざくら

朝散歩の途中でシバザクラが咲いているのを見かけました。今までまで気がつかなくてふと気がついたらこんなに見事に咲いているとは。昔長野道の脇にシバザクラがいっぱい咲いて見事だったのを思い出しました。(4月17日)


さくらんぼ

露地栽培のサクランボの花がもう散り始めたものと今盛りに咲いているものがあります。散り始めたものは確か高砂、盛りのものは佐藤錦だと思います。このおくてのサクランボのほうが甘みがありおいしく思っています。昨日が雨で今日は太陽が朝から顔を出しています。なんだか久しぶりに太陽を見たような気がしました。(4月16日)


どうだんつつじ

道路の脇のどうだんつつじが花を開きました。どうだんつつじが咲きだすと春は真っ盛り、このどうだんはこのまま秋になると葉が色付きます。花は余り気になるほどの感じではないのですが秋の歯の紅葉はきれいです。(4月14日)


ほとけのざの絨毯

前にも書いたように今の季節になるとほとけのざが一面に咲きます。ほとけのざは春の最初のおころから陽だまりに花をつけ始めやがて桃の花の下やスモモの花の下に一面に咲くようになると春は盛りになります。(4月13日)


たら

タラの芽がどんどん伸びています。一日おきにタラの延びたところを摘んでよそのほしい人にあげたり自宅でてんぷらにして食べたりしています。庭の隅にこしあぶらも植えてあるそうですがこれは見当たりません。そろそろ桑の芽も伸びだします。桑もてんぷらにするとおいしいです。(4月15日)


春

今ナンプスは春の真っ盛りです。12日は恒例の桃源郷が行われます。東京から高速でも電車でも甲府盆地へ入ると一面にピンクが目に入ります。観光とは名所旧跡を訪ねることも楽しいのですがこの頃の甲府盆地のように光を観るのも良いかもしれません。(4月11日)


たんぽぽ

今ナンプスの畑や道端のいたるところにタンポポが満開です。いつも書くんですが今日本国内に日本タンポポがほとんど見られなくなってきています。しかし西洋たんぽぽでもたくさん一気に咲くと春の感じがして嬉しくなします。(4月9日)


スモモの花

すこし山つき地帯に行くとスモモの花が満開です。実はナンプスにあるさくらの名所を見に行きました。ソメイヨシノが満開でしたが大勢人がいて仕事の途中にちょっとと言う感じではなく帰りの道の脇の畑で満開のスモモを見つけました。(4月7日)


さくらんぼ

路地物のさくらんぼの花が開き始めました。普通5月に近くなって開くのですが去年もことしもかなり花が開くのが早いようです。あまり早いと今年の出来が少々気にはなります(4月6日)


つくし

散歩の途中の道端で今年は沢山の土筆を見ました。春になるとこういった野の草木が大きくなります。土筆などは多分一日か二日で大きくなるのではないかと思われます。(4月5日)


チューリップ

気が付いたら庭先に赤いチューリップが咲いていました。近所の庭を見ると黄色とか白のチューリップが咲いてします。このところあくせくしていたので気がつかなかったんですがもう完璧に春の真っ只中です。(4月4日)


ねびる3

根のところ(球根)をきれいにして味噌で食べます。ねぎとおんなじ味がして酒の肴にはもってこいだと思います。そろそろ春のわかめたらの芽やうどが食べられる季節になります。(4月3日)


ねびる2

朝採ったネビルこんな風に夕方まで水に浸しておきました。夕方の食事の支度のときにきれいに洗って葉の部分を切り皮をむきました。(4月3日)


ねびる

ネビルです。ナンプス地方ではネンビルとも言います。自宅は元々畑だったので庭先に春になるといっぱい出てきます。このネビルを引っ張って根の球根の部分まで抜きます。そこを食べると春の香りです。まえに湯がいて味噌でということを書きましたが、生のまま食べてもおいしく食べられます。(4月2日)


平成9年


平成8年

a:3113 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional