アルプスのふもとで農業体験

10-2top

次の選挙に勝とうよ自民党!  


しかし自民党もだらしがない。審議拒否をしても元々そういった国会運営をしてきたのは民主党で、そこに同じ事を仕掛けても全て経験済みで、自民党の気持ちは手に取るようにわかるわけだ。ましてや共産、みんな、公明はしないという。しかも民主は公明に媚を売ってる。多分参議院選挙が終われば公明も民主になびくのではにか。公明は元々政策は学会の希望を取り入れればよいだけである。自民であれ民主であれ政策的に公明の言うことを聞いてくれれば良いのでイデオロオギーなどの問題は無い。そこで自民党一人の単なるパフォーマンスになってしまっては審議拒否も何の意味もなくなってしまう。民主には解明しなければならないところが沢山あるはずで、首相官邸の改造費5~600万など問題ではない。

まず鳩山の子供手当ての問題、修正申告をしたということなら生前贈与ではないか。生前贈与で修正申告をしたということで鳩山も逃げ切りたいのだろうが、贈与をもらっているなら自己の金を政治活動に使ったと言うことで政治資金規正法に違反している。もし最初に言っていたように借り入れとするならそれも政治資金規正法に違反して本人が借り入れて自分の政治に使ったのだからこれも法律違反だ。このところをどんどん突っ込めばよい。そして勝場秘書を辞めさせたというがいまだに鳩山家の秘書をやっている。つまり公設秘書を辞めさせただけで私設秘書なわけでこれでは鳩山家の言うなり、違反などの証言も出てこないだろう。ここは鳩山ばあさんと勝場秘書の証人喚問なり行い事の真相をはっきりさせるべきだ。そして国会でも話が出ているが、毎月の1500万円を何に使ったかが問題で、資産100億も持っていて配当だけでも9000万、国会議員の歳費も合わせると不労所得(国会議員の仕事をしているとは思えないから)が年間1億以上有る人が、それ以外の一日50万円、全部で年間3億くらいの金をまさか夫婦二人の飲み食いには使いきれまい。使い方によって民主党の幹部や国会議員に政治資金規正法違反が出てくる可能性がある。その辺をしっかり追求すれば良い。予算審議でやれば良いではないか。

小沢幹事長に関してはもっとえげつなさ、金権主義、人の金でも人文の手の届く範囲の金は自分のものにしてしまえ、そんな感覚を持っているとはっきりいえる。つまり最初の言い分から最後の言い分まで自分の金、後援会の金、家族の金、ところころ言い方を換えてはいるが、自分の金ならその資金源、家族の金なら相続に当たるのか、後援会の金なら使い道・・・つまり結果自分に資産になっているマンションなどの問題、又沖縄の土地を買った資金源とか、もし辺野古の陸上部になった場合には小沢土地とどのような関連が出てくるのか、民主党では八ツ場ダムなどのダムは見直したのに猪沢ダムはなぜ続行しているのか、元々小沢幹事長は旧自民党の金権問題の一番悪いところを其のまま持ってきた人間であり、その取り巻きが鳩山や岡田だったのだ。旧自民党の悪い部分を知り尽くして、それに各神経の悪さをプラスしたのが小沢金権で、例えば田中角栄にしても金丸信にしても国の金をちょろまかすようなことはしなかった。二人とも自分の持っている価値の無い河川敷などを国道の改良とか区画整備で表に出して資産にした。ロッキードなどは彼らが要求しなければアメリカの儲けになってしまう金だ。しかも田中、金丸両氏とも秘書のせいなどにはしない。全てが自分が拘留されて罪を認めてきた。ところが小沢に至っては全てが秘書のせいで、秘書は犯罪人だが自分には罪が及ばないようにしている。そして金の元は政党助成金といういわば国民の金である。ロッキードの金も税金で買った飛行機だというが、もし黙っていれば一銭たりとも負けてもらえるものではない。アメリカに行ってしまう金で、直接国の懐に手を入れてつかみ出し全部秘書に責任を押し付けている小沢のやり方は国民として田中、金丸以上に憤りを感じる。

小林千代美問題も追及しなければいけない。6年前に山梨で日教組のドン、輿石民主党代表代行兼参議院議員会長の選挙の折、ほとんど今回の小林違反と同じような違反が行われ、いわば選挙違反で当選したのが輿石で、日教組は6年間懲りもせず同じ違反を繰り返したことになる。問題は山梨も北海道も日教組の中ではその組織力を誇る有力な組織であると言うことで日教組はいまだにそういった選挙違反をなんとも思っていない、つまり日教組の本部の言うことを実行できるだけの力のある組織が山梨、北海道だと言うことで、同じような組織力を誇るその他の県の支部(県教組)ならそれらの違反行為をする恐れが有り、していると言うことは十分考えられる。そういったところを調査して表に出す必要がありそれをする資格があるのが自民党で、又そういったことが出来るのも自民党ではないか。特に山梨など県の教育委員会の幹部が山教組幹部出身で山教組幹部経験者なら前科者でも学校の教頭や校長になれる。こういった問題をかかえているのに自民党が取り組まなければ民主党の悪の部分を表に出すことはできない。


長崎県知事選挙と町田市長選挙、どちらも民主党が負けたね。有権者は見るところは見ているしちゃんと知っている。長崎はともかく町田は管の地元だろう。確か管も応援演説に行っている。そこでかなりの差で民主党系の候補が負けたと言うことは選挙民が民主党を見切っていると言うことではないか。7月の参議院選挙で山梨は輿石と宮川と言う新人との戦いになると思うが(他に共産党と幸福実現党が立候補するらしい)考えてみたら宮川は30歳で参議院に被選挙権やっとなんだ。それに対して輿石は73歳、自由民主党比例なら定年だ。しかも前回は選挙らしい選挙では無かったが(相手が泡沫で)それでも選挙違反をしなければ当選できなかったほどの人気の無さだ。そして前回の選挙違反以降山教組を含め支持者の輿石離れが起きている。今度は自民の出番だと思う。

民主党の石井選挙対策委員長は、時代に逆行するような選択を長崎の方がされるのなら、民主党政権は長崎に対しそれなりの姿勢を示すだろう、と長崎県民の恫喝を始めた。山梨県で輿石を落とせばどのような脅しが始まるのか見てみたい。いよいよ民主党は小沢がやばいと感じてきて、小沢とグルの山岡、輿石などが動いていたがいよいよやくざのような石井が出てきた。後は小沢の子分細野が動くだろう。彼らが山梨対策をすれば面白いことになってくる。山梨では一区で民主党の大臣がいるがよくよく考えてみると大臣にとっても3区の議員にとっても輿石は目の上のたんこぶ、邪魔ものだ、いつも言っているように輿石は過去選挙らしい選挙をしたことが無い。元々自民党の某と山梨を分け合っていたわけで、現に前回選挙でも自民党は元アナウンサーを公認しなかった。それは某がからんで公認の邪魔をしたので、元アナウンサーは仲間と掛け合い漫才まがいの選挙運動しかできなかった。もしあの時点で自民党が本腰を入れて選挙をしていれば、山梨の国会議員全員が民主党などと言うことは無かったし、去年の衆議院選挙でも先を見た対策をしていれば一人くらい自民党議員が残ったのだが、現状のようにタイミングとオールドの引き際の悪さでこの結果である。しかしそれを幸いに捕らえて参議院選で山梨の自民党の持っている力を出せば必ず勝てるはずだ


北海道教職員組合(北教組)で民主党の小林議員の献金問題が警察の捜索を受け浮上してきた。しかし日教組も懲りなければ、6年前には山梨県で輿石参議院議員の選挙の折北教組と同じで闇カンパで得たカンパ金を教組の裏の口座に隠してそれを選挙運動費に使い買収までした。当時の組合役員OBが選挙違反で逮捕され、輿石参議院議員の選対幹部でなかったから候補本人の連座制がかろうじて免れた。そういった反面教師があるのに又同じ違反を同じように繰り返す。これは日教組がまさに政治団体と化して本当の意味の教育を考えていない証拠である。北教組や山教組は組合の組織率がかなり高くで山梨県にいたっては教組の役員経験者が県の教育委員会の幹部になり、次の幹部も教組の役員経験者=熱烈組合員でなければなれない状態である。

北教組にいたっては国内でただひとつ竹島が韓国領土だと言うことを教えると公にした。何の意味があるのか解らない、日本の子供に日本の領土問題で不利になるようなことを平気で学校で教えようと言うのはまさに反動分子である。山梨県の教員に会い個々の意見を聞けばほとんどの教師が輿石批判をするし6年前の参議院選挙の批判をする。選挙の折二度と輿石には入れないというが、やはりそこは自分の身分保障、県の教育委員会の幹部が元熱烈組合員で組合になびいていなければ自分の出世もないし、移動の希望も聞いてくれない。北教組にも同じようにやむにやまれず組合活動をしている教員が多いと思う。山梨県のように組合活動で逮捕歴のある教員が教頭になるような人事があってはいけないと思うし、ましてや小林議員のような選挙違反を繰り返し当選して、結果運動員が違反を組織的にしていても知らなかったと言う白々しさを持った輿石参議院議員会長と同じ穴のむじながいてはいけないと思う。

民主党はトップの鳩山の脱税、2番手の小沢の脱税と政党助成金という国の金のちょろまかし、小林の買収による選挙違反と出るものがすべいて出てきた感じがする。これ以上内異様な政党で、親からの株券による生前贈与、月1500万円の子供手当の脱税、そういう人間が不労の富の罪を国会で説き、2月15日には国民にきれいな納税を呼びかけ、政党助成金ちょろまかしで自分の下の政治団体の不動産を増やし、それが何時か知らない間に政治家個人の資産になってしまっており、その資産を買い取るときに妻の金、家族の金と言い、もし本当にそうであれば当然生前贈与になるものを知らん顔を通す、そういった国の基本、人間生活の基本が守れない人間が束になって命を守りたいなどと言ったところで国民の心を打てるわけがない。


このところ新聞報道などを見ていると山梨県の職員には行政の執行能力がないのではないかと疑問が出てくる。元々県の職員に限らず行政マンは長くても数年、短ければ2年で移動があり仕事の持ち場が変わる。その分責任感が無く時間さえたてば良いと感覚を持っている人も少なくないと思うが、計画、立案実行能力に能力が伴わない職員が多く感じられる。その一例が明野の最終処分場であり、甲州市の射撃場である。明野の場合は80億円と言う県費を掛けながら、県の計画では数千万円の黒字になると言う見通しだったが試算をやり直してみると35億円の赤字になると言うし、射撃場については当初計画の4割以上建設費が余計に掛かると言う。射撃場はその計画地に土石流発生の恐れがあり土留対策によけいに費用が必要だと言う。

そもそもそう言った場所に計画する事がおかしな話だが、明野の場合も同じで建設ありきで望むからそう言う事になり、同じような失敗を繰り返している。明野が建設を急ぐ余り地元と焼却灰については溶融化したもののみ、下水汚泥については一切搬入しないと言う協定を結んでいると言う。廃棄物を扱っている立場からすればそんなバカなと言いたくなる。元々山梨県では灰と下水汚泥の搬入処理する施設が無く、市町村もそう言ったものを県外の施設に依存して処理していたが、問題が出たり処理を拒否されたりでその対応に建設計画が出て来たものでは無いか。一番肝心なそれらを受け入れない施設ならそもそも80億円も掛けて造る必要も無い。又建設の過程で大鷹等の繁殖地と言う事で規模縮小され現在の計画になったと聞く。

何故灰の処理品のうち溶融されたものしか受け付けないと言う事になったのかいささか疑問で、その交渉過程が県民に公開されていないので理由は解らないが、灰を溶融すると言う事は溶融する事で汚染物物質や公害原因が無くなり、そのスラグはそのまま建設資材に使えると言う事だったはずで、その処理過程で処分場で埋める処理より遥かに費用が必要で溶融スラグを土木資材などに流用すれば自然界から土砂、川砂などを採取する必要が無いと言うふれこみだった。そして国でも廃棄物焼却施設には溶融施設を併設する事を条件に建設を認めて補助を出して来た。

県内の施設でも国の補助を貰って焼却施設を造ったところが何か所もあるが実際に溶融施設まで稼働させると費用がかかり過ぎて運営出来ないと言う事で溶融は3日で終わり後は全然使っていないと言う施設も数カ所あり、使っているところにいたってはこのまま稼働させるより、新たに溶融をしない施設に造り変えた方が運営費を含めてかなり安く上がると言う話も聞く。政府の無策がこう言った矛盾と無駄使いを生む訳だが、県がそのまま政府の言う事を聞いて言いなりになってしまう事もおかしい。そう言った訳で溶融がされなくなり生の灰のままの処理が必要とされているが明野の施設はそう言った処理が可能な設計になっており、汚染物質がはいっていようが、埋め立てても一向にかまわないわけである。地元の反対派の人たちに取ってみればそもそも施設の設置に反対であり、その反対理由が汚染物質が流れ出すとか、舞い散るとかと言う事で後付けの理由であるが設計上は汚染物質が地表からしみ込み水質の汚濁などはあり得ないと思うし、などは搬入する時や覆土する前に風で舞い散ったり水に浮かんで流れ出したりすると言う事もないと言えるが、確かに地元にしてみれば初めての事で、今後は後にも先にもこう言った事はない訳でもしこの施設から汚染物質が出て来たら大変な事になるから反対しようとする気持ちはよく分かる

しかし施設が出来てしまって稼働している現在としては何とか早く安全に埋めきって閉鎖する事の方が大切ではなかろうか。ましてやこの施設に産業廃棄物を大量に埋め込むより、一般廃棄物処理施設から出る焼却灰や下水汚泥を埋めた方が将来に渡って安全である。一般廃棄物を処理した灰には汚染物質は入っていない、昔は猛毒と言われたダイオキシンの混入は見られるが、ウクライナの大統領が政治的に反対派に当時致死量と言われた数倍のダイオキシンを盛られたが顔にぶつぶつが出ただけで病気にもならず大統領職を勤めていた。ダイオキシンは当初の研究者が実験を間違えて猛毒であると言う発表をしてそれが世界中に広められたが、そもそも日本では昭和30年代にはその致死量と言われた量より遥かに大量のダイオキシンが肥料に含まれて撒かれていたと言うし、ものを燃やすと発生する事により太古の昔から人間はダイオキシンとつきあっていたと聞く。

下水汚泥については人間の生活する上で排出されたもので人間の体から出て来たものであるから人間の生活に障害になるようなものが含まれている可能性は少ない。ただ匂いやイメージの問題で忌み嫌われるものだと思う。ところが灰も含めて中間処理の技術が発達して、現在では下水汚泥を燃料として使用出来るまでの処理が出来る。当然肥料や土地改良材として使用出来る訳で、その時点で匂いや汚濁は無く、見た感じは単なる炭の粉かたどんの原料のようなものである。この時の汚染物質はゼロで人間の生活の障害になるようなものは何も含まれていない。灰にしても下水汚泥にしても今後排出され、その処理は常に必要なものであるから何らかの方法で始末する事は必需である。

そう言ったものの安全性や処理の方法を調べて広める事をしないで単にそれを除けば良いと言う考えで地元と簡単に契約を結ぶ、時の山梨県の担当職員の無能力ぶりにあきれるばかりで、多分その職員は既に別の部署に移動しているか、もしくは退職してしまっていると思うが、県ではそう言った無能な職員の追跡をして、何故このようなばかばかしい契約をしたか、そのいきさつを調べて時の担当者の責任を問う必要、若しくはもう時効と言うのであればその時の担当した職員と経過を県民に知らせる義務があると思う。そうでもしなければ簡単に自分の職責のある間に後の事は考えず簡単に処理をしようとする事で、明野の問題、甲州の射撃場の問題などと同じ事が今後起きる可能性がある。担当者の建設ありきと言う考えを止めて本当に県で必要か、この場所で本当に良いのか、後々問題は出ないのか、そう言った考察がより必要である事を県の職員には徹底してほしい。


民主党小沢幹事長は結局起訴を免れたが、かなり黒に近い灰色で検察でも時の最高実力者は120%の確実性がないと起訴しないということらしい。その鳥の名前はウソだとかサギだとか自分はハトだと思っているとか揶揄されて、国会の施政方針演説では劇作家の手ほどきで労働なき富は悪だとか、本当に自分や世間がわかっていない首相と、その首相を含めたいつまでも野党気分が抜けず勝手気ままに自分の言いたいことを言う閣僚や、そのすべてを牛耳っている真っ黒な自分の錬金術と政局にしか興味がない幹事長に国を左右されている国民は惨めでかわいそうである。時にここは自由民主党にがんばってもらおうかと思ってもその自民党が実にだらしがない。山梨にいたっては参議院議員会長が自分の選挙のときの選挙違反を忘れてしまっているかのような、犯罪者石川議員をかわいそうだとかばい、挙句の果てに中立であるべき教育を、中立はありえないとまで言い切り、組織率95%を誇る山教祖をまた自分の選挙に使おうとしている。北教祖に至っては竹島を韓国領土だと言いきる始末。こんなやつらには早く表舞台から消えてほしい。そのためにも7月の参議院選挙はぜひ民主党を壊滅したい。それまで政党交付金を懐に入れた小沢幹事長、12億という子供手当てをもらい噓の献金をでっち上げた脱税総理にはかんばり続けて選挙に臨んでもらいたい。そしてこの閉塞感を一気に打ち破りたいものだ。


大切なものがある。日本には日本の大事なものがある。例えばそれは技術で、例えばそれは自然で、例えばそれはであると思う。中国が一生懸命高速鉄道をアメリカに売り込んでいるという。それも中国独自の技術として売り込んでいると聞く。中国はついこの間日本の技術フランスの技術を何とかつぎはぎしてやっと開通させただけだろう。それをいかにも自国の技術のように装って売り込みに必死だと聞く。シナ人のえげつなさかもしれない。石原東京都知事がフランスが東南アジアへ水道技術を売り込んでいると新聞に書いていた。都知事曰くパリの水などまずくて飲めない。それでも東南アジアや中東にはその技術が売れる。都知事曰く東京の水道局の水は外国産のミネラルウォーターよりうまい。ならばここは山梨で甲府の水は良い水で全国的な何かで表彰されたと言う。ところがこのナンプス地方で南アルプス市の水道水を飲んでいると甲府の水など飲めない。そうやって考えて行くと外国へ売り込んでその評価され始めているらしいパリの水より東京のほうがはるかにうまくて、その東京より水道水としての評価は甲府のほうが上で、地元で飲んだ経験から甲府より南アルプス市の水のほうがはるかにうまい。となったら南アルプス市の水を売ることを考えよう。いまや中国など自然の水で飲める水は無いそうで、日本の食品が安全面で絶対の評価を受けていると聞く。ならば今日すぐに中国に売り込めなくてもこの日本の水、南アルプス市の水を上手に世界に出すことはできないだろうか。これこそすばらしい自然を世界に売り出すことになると思う。


FrontPage


a:3143 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional