アルプスのふもとで農業体験

08-9top

ナンプスビズへようこそ

アルプスナンプス)地方の情報を掲載します。

{NPOほっとけないではちょぼら隊員を募集しています。

このような自分で書き込みの出来るホームページをもって色々な思いを書いてみませんか。自分のホームページを持ちたい方ここにメールを

選挙に勝とうよ自民党!  ご意見はここへ

当分の間自民党応援キャンペーンをして行こうと思います。うまくやれば選挙に勝てます。もし負けるなら堂々と負けて、今までの自民党の負の遺産(自民党で決めたから改正できないもの)の改正と消費税増税を小沢民主党にしてもらおう。


いよいよ解散総選挙だと言う声が大きくなっているが、もしここで解散して総選挙で民主党が勝った場合には厚生労働省、社保庁、汚染米の農水省、地方整備局の国土交通省等の対応をどうするのかね。今までのように与党になった民主党が各省庁を徹底的に追求するのかね?そうなったら官僚はどうするのかな。責任者を徹底的に絞りだし首にするか・・・。もし民主党が少しでも官僚をかばうような事をしたら自民と同じだと言う事になるし、官僚の責任を徹底的に追求したら官僚の反発で行政が進まなくなる。その時はまた選挙か?それも良いではないかな。ところで前から書いているが山梨2区で自民党は選挙に勝つつもりかね。役に立たないロートル(78歳)を公認して若手をきってしまった。自民党の調査によるとそうなるそうだが通常の意識調査ではロートルは若手の半分くらいしかとれないよ。自民党ではどこで調査をしているのかね。そんな調査機関を使っているからこんな政治になってしまうんだ、世論が解らない自民党の象徴だね。ご意見はここへ


小泉よお前もか・・・小泉元総理が引退する、今まで自民党をぶっ壊し、構造改革をすると言って確かやりかけたが、結局途中までだった。既得権を持っている連中のその権利の一部を取り払った。自民党のある一部をぶっ壊した。これは功績であるが、しかし構造改革は郵政改革に変わってしまって中途半端。何かしら国民が不完全燃焼で自民党もぶっ壊しかけて半分古い物が残ってしまった。そのため自民党も中途半端、小泉氏がぶっ潰そうと思っていた自民党の古い体質がまた頭をもたげて来た。国民は数年我慢すれば小泉総理がもっと暮らしやすくしてくれるだろうと思っていたがそこも何かうやむや。最後に国民が笑ったのは後継者が次男だって。言っていた事と違うんだよな。自分の選挙区を自分の次男に継がせる・・・選挙地盤なんて既得権の最たるものだろう。山梨の金丸信氏は自分が引退する時に後継に現在の山梨県知事横内正明氏を指名した。金丸氏がいまだに地元で人気があるのはこの辺だよ。せめて小泉さんも自分の後継は他人を指名してほしかった。ご意見はここへ


自民党では山梨2区でロートル(比例では定年で出馬できない)を公認にして若手の議員を追い出そうとしている。もともとこのロートルは県知事選挙でも現知事の出馬を阻止しようとしたりこの間の知事選挙で反対派の中心に居たりしていたが、選挙で現知事が勝ったらいつの間にか知事派のような顔をしている厚顔氏である。地元では何の役にもたっていないと言う声も多く、彼の関係した道路なども全て自身の経営する遊園地に向かっており政治を自分の商売に最大限利用していると言う噂が多い人である。前回の衆議院選挙でも数百票の差でやっと当選して、現在も調査機関の噂を聞くと世論調査で大きく差を付けられていると言う。では何故自民党で公認したか?・・・答えは簡単で古賀本部長がもともと同じ派閥で一時は彼が派閥の総領をつとめたからに他ならない。自民党がかなり議席を減らすだろう、与野党逆転と言われている時期に負ける確率の高い人を昔の義理で公認した古賀もおかしいが自分の年を考え身を引く事の出来ない世間知らずが今の自民党の象徴だと思える。自民党さん、こんな事をしていては全国で勝てないよ。そろそろ本人が身を引かないと、落選して自分の最後に自分で汚点を残す事になる、それで良いのかね?


小泉元総理が引退する・・・サプライズだよね。良い悪いは別にして一種の政治手法はすごいものが有った。しかし郵政選挙から3年たっていよいよ評価される時が来て引退とは少しどうかなとも思うよ。そのうえサプライズ好きな小泉氏が後継に次男を指名したとは少しもサプライズじゃないよ。小泉らしさを出すなら、後継は自分に関係ない人に求めなきゃ。所詮小泉氏も並の政治家と同じで結局自分のした事を見届け責任を取る事が出来なくなったから、自分のした事の批判が大きくなる前に止めてしまえと言う事なんじゃないの。政治はサプライズではなく、地道な努力の積み重ねだよ。ただ小泉氏は国民に夢を持たせてくれたよ。抵抗勢力が無くなれば国民生活は良くなると言うよう夢を見させてくれた事だけは確かだし、抵抗勢力が大きすぎたのかもしれないし、ひょっとして小泉氏は今の官僚機構がこれほど大きな抵抗勢力だとは思っていなかったのかもしれないな。2年前小泉氏にもう一期総理を続けてもらって官僚制度をぶっ壊してもらっておけば良かったと思う。


商社は要らない!・・・三笠フーズの汚染米が何も知らない酒造業者、菓子業者などに転売されて社会問題になっている。三笠フーズから商社(時には7社も有ったと聞く)が介在し元はどこの米か解らなくして普通の米として販売した。もし商社が無かったら三笠フーズもこれほどの事は出来なかったろう。みんなが求めているかもしれないが季節外れの野菜等の食料を外国で生産して販売しているのも商社だし、昔兵器の取り引きをして賄賂を貰った政治家に仲介していたのも商社である。農産品を見ても生産価格の倍以上の値段で取り引きされているのも商社が介在するからではないだろうか。今はインターネットが発達して誰でも生産者と直接取り引きが出来る環境に有るから、そろそろ商社や仲買人の必要性も無くなってきたのではないかと思う。


自民党総裁が決まって、さていつ総選挙か?と言う話が巷には有って民主党などは政権交代などと言う声が大きくなっており、実際に政権交代となったら今の社保庁、厚労省、農水省等の責任問題を今度は自民党が責任追求するのかね。自民党が政府の責任を追求して、返答(ひょっとして弁護)するのは民主党・・・なんてなったら面白いな。今度は民主が国民から完全に注目されるよな。その辺が面白いよ。


民主党の小沢代表が初心表明で今の官僚機構を改めなければどうにもならないということを言ったが確かに今は政党政治でなくて官僚政治だね。民主党の言うように各省庁のトップに政治家を入れて管理しなければ日本はよくならない。官僚の目線が自分たちのふところと定年後に向いているようではだめだね。今の官僚の中で実際に老親と暮らして、介護をしている人など多分数えるほどしかいないだろうし、家族の中で実際にものつくりをしている人などいないだろう。だから現実がわからないのだ。民主党の言うよりもっと進めて民主政権になったら今の官僚のせめて局長、審議官などというような黒塗りの車へ乗っているような人は総入れ替えをすればいいと思う。実際に上の連中、仕事などしていない(仕事は責任をとることと思うので今は責任を取る人がいない)と思うので現場に向き合っている部署と各課長クラス以下を上手に動かしていければ民主党の言っていることが良いと思う。


中国の有害物質に汚染されていた乳製品が日本でも使われていたというニュースに驚いたね。中国で作った食品ではなく、中国の牛乳を使ったらしい。日本製品だから安心・・・何て言っていられないね。ちょうど昨夜テレビでスイスの話題を流していたがスイスでは国民が国内で生産されている農作物はいくら高くても国産を買って輸入品は買わないそうだ。日本はどうして何もかも安かろうになってしまったのか。ひょっとして商社の考え方がかなりのウエイトを占めているのではないか。日本の農作物の種を海外へ持ち出しやすく作らせてに本国内で売る事でがっぽり儲ける。日本人も馬鹿だよな。季節外の野菜など求めるな、キュウリはまっすぐでなくても良いんだよ。果物なんかは美味しいのは少し虫の食った傷があるやつなんだよ。都会の住人が昔は田舎出身者でそう言う事を知っていたが、都会生まれの都会育ちの都会二世、三世は田舎とのつながりが無く季節常識が少なくなっている事も関係あるかもしれないね。


また農水か。実際この数年で農水大臣は一体何人変わったのか。厚労省、社保庁、次官の問題が出た防衛省これらは良く取ってやれば職員=組織の問題で自民党の長期政権で気が緩んだりしていたと言う事が有るかもしれないが100歩譲って他の政党が政権を執っていても出たかもしれないが大臣の問題はあくまでも自民党議員の質の問題だよな。これは自民党は言い逃れが出来ない。国民がこの辺んで民主に政権を任せてみようと言う気になるのは当然かもしれない。もし民主政権になった時、次の選挙でもこんな議員が多いようならまた負けるし、今回勝ったとしても参議院が逆転しているのでまたすぐ総選挙なんて事が有るかもしれないよ。


福田衣理子さんと言う血清肝炎の患者だった方が民主党の長崎2区から立候補するそうで、前から彼女は狙われるだろうと思っていた。ただどうして民主党なのか、また何故肝炎患者の会の会長ではなく彼女なのか。顔か若さか、実際に考え方が他の肝炎患者の役員や代表者は自民党に近く、彼女が一番民主党に近いのか。それとも会の中で意見の違いが有るのか、又は肝炎の会の人たちが政治的に活動しなければ発言や活動が出来ないのか。立候補するならするで肝炎だけでなく肝炎以外のしっかりした政策を訴えてほしい。


日本政府では誰が一番の権力者なのか、つまり普通の会社で言えば誰が社長なのか。各省庁の出先機関の権限委譲で全て拒否か拒否とは言わないところは検討中、検討中と言うのは行政マンの「行う気持ちは無い」の裏返しだろう。出先とは会社で言えば営業所か出張所のようなもの。社長である総理大臣が権限委譲をすると言うのに責任者である各大臣(会社で言えば重役)が力を発揮できなく、部下である部長や課長の意向で赤字を出している出張所や営業所を温存しているようなもので、そこに前から書いているように国からの蜜を吸い取る行政法人がたむろしている構図がいつまでたっても断ち切れない。総理は何をしている、国会議員は何をしている、総理や国会議員に力が無いのは国会議員の数が多すぎる事だ。今の国会議員を半分以下にして、国会議員になれなかった議員は国会議員のブレーンとか各省庁の上部職員とかになって本格的に行政機関改革を行ってほしい。小池さんが言っているように霞ヶ関をぶっ壊すなら本格的にぶっ壊して欲しい。郵政改革のように中途半端でなく。


今度はというか又と言うか、農水省しっかりしろよ、三笠フーズに接待されて焼き鳥屋で飲んだんだって?焼き鳥と酒か、そのくらい自分で出せよ。どうしようもないな今の官僚は、要はせこいんだよ。前の防衛省の次官の事も考えてみるとみんな国のお金を自分のためにかすめ取ろうとしている。どうかかすめ取るようなせこい事はしないでくれよ。国のためになるように国民の健康と安全を守るために自分のお金を使うくらいの気概を持ってほしい。官僚(国家公務員)なら大きな目で見て国民を保護してほしい。ところで粉ミルクにメラミンと言う化学物質をまぜた粉ミルクが台湾でお菓子や飲み物に使われて問題になって要ると言うニュースが出て、その粉ミルクは中国製だったと言う。中国では子供用のミルクにそれが使われていて死んだ子供も出ている、中国当局はそれを知っていたれどもオリンピックがあったから公表しなかった・・・オイオイお宅らの国民だろう、十数億も居るから一人や二人はどうでも良いって言うのかい。中国では国民の健康より共産党のメンツの方が大事かい。どこもかしこもいやになってしまう、公務員が見ている方向が違っているんだよな。


民主党の小沢代表が岩手の選挙区の公認を今の所断っているそうで「国替え」を考えていて公明党の太田代表の選挙区に立候補すると言う噂が出ており、選挙に関心を持つ人の話題になっている。確かにその線は有るかもしれないがそれは小沢は多分民主が勝った時に自分が総理にならなくて済むからではないだろうか。もともと小沢一郎と言う人は裏で動くと剛椀と言われ政界の影で力を出すタイプで実際に力を発揮ていた時が有り、特に自民党に居た時は若くして幹事長を務め政党の力の出し方も良く知っている人である。しかしうがった考えをすれば岩手に新人を出して、自分は太田に対して打ち死にをして、民主の勢力は減らさないので力は温存して総理にはならなくて裏で政界を動かそう、などと思ってはいないだろうかと勘ぐっている。私はもともと小沢一郎のファンでは有ったが、民主のように労組に依存した政党では小沢一郎の力が出せないだろうと思っていたが、民主の今のやり方を見ていると昔の自民党のようで、例えば力の有る人(昔の自民の派閥の実力者)が自分の考えで組織を締め付けて自由に立候補させなかった時とどこか似ているような気がする。


民主党の小沢代表がインド洋の給油に反対を口にしている。理由は憲法違犯だと言う。一方自衛隊陸上部隊を国連至上主義でアフガンに派遣すると言う。話しを聞いていて戦争に加担するのは良くないし、日本の力でなんとか紛争を解決できればすばらしい事だと思う。しかし何かおかしい、憲法に違犯するから洋上給油はしないが、アフガンの国内へ自衛隊陸上部隊を派遣する。戦争をしていない所での給油は違反だが、戦争をしている他国へ武器を持った軍隊(自衛隊陸上部隊)を派遣するのは良しと言う。もし丸腰で自衛隊が行くのなら(そんな事はあり得ないが)違反ではないと言い切れるが、日本に関係ない他国の国内で自衛隊を活動させるなら、民主主導で憲法改正まで考えなければ話のつじつまが合いませんよ。


自民党と官僚は一心同体なのか。官僚は責任を取ろうとしないのでその責任をどこに持って行くか。無駄な外局・・・○○局(農政局、北海道開発局・・・)をなくせばいい。簡単じゃないか、それにより何十万と言う職員がいらなくなる、県や地方とダブっている組織や事業は要らないじゃないか。せめて今出馬している自民党の総裁候補はそれだけは実行してもらいたい。政界再編より官僚の再編と言うか行政の改革をしてほしい。○○局が無くなれば行政法人もその分無くなって天下りも無くなってすっきりするんじゃないか。ダブっている部分が無くなれば公務員も減るし悪い所がかなり無くなるんじゃないかと思っている。


おばかキャラに人気がでて羞恥心と言うユニットが出すCDが売れていると言う。確かにテレビを見ていても感じのいい男女で、鼻が高い(一見利口に実える)タレントよりも身近に感じられる。本を出しても売れているそうで、すなおに自分の考えを出しているため読みやすいのだろう(多分難しい言葉も漢字も使っていないだろう)。ただ心配なのは今の子供たちが勉強しなくてもいいと思い込んでしまう事で、昔から学校の勉強も大事だけれど社会の勉強も大事と言われていたが、この風潮で子供たちが何も勉強をしなくても良いと思うようになったら困る。今の中央官庁を見ても、政治家を見ても机上の話はできても社会の勉強がされていないような人が多く感じられるが、せめて今の子供たちは学校の勉強だけではなく社会勉強もしてほしい。自分もこのところパソコンを使い過ぎている気がして、字を書く時に漢字を思い出せなくなっているが、せめて「羞恥心」くらい読めるようにして置きたい。


12日に県労組は2%の給与カットに正確な理由が無いと言う。でも君たちだろう。県にお金がないから事業執行が出来ないと言い続けていたのは。今になってお金があるから給与は下げるな、しかし事業執行するお金はない、県には借金がないもしくは少ないと言うのかい。君たちは2枚舌ならもう県職員は信用できないな。つまり行政を執行する時に君らが協力を頼んでも県民はお金があるのならそれを使えと言うよ。一般の職員(労組役員ではない)はどう考えているのか知りたいね。昨日の集会に800人集まったと言うが集まった君らは県民生活がしっかり遂行できなくても自分達が給料を沢山貰えればいいと言うのかい?。県職員よもう少し気骨の有る職員が名乗りを上げてほしい。


富士山

このところ秋になっても転機がよくても富士山の周りには雲がありすっきり富士が見えない日が続いていました。今朝ははっきり富士が見えました。私の家の庭先から見える自慢の富士山を張ってみました。このところいろいろ政治的にごちゃごちゃしているので画像ですっきりしたいと思いました。


公益法人に天下っている公務員OBが9196人だそうでそのうち3264人が役員だと言う。役員なら60歳以上だと思われるしひょっとすると70歳くらいの人も居ると思う。3264人に例えば20万円(もっと多いと思うが)の月給を払うと月に60億円以上、年間だと720億以上、当然地方にも公益法人が有る訳でに本全国では手当など考えなくても相当な金額になると思う。給料以外に人が居れば机や電話などの経費も必要でかなりの額になると思う。もしかして役員だから秘書を・・・などと言う事は無いと思うが専用車や、ハイヤーなどを使う事は有るかもしれない。それには公益法人だから全てが国や地方公共団体の税金が原資な訳で、考えてみるとかなりの額の税金が無駄に使われている可能性がある。天下った人が全部無能とは言わないが、下に書いたように山梨県の県職労が今の状態を財政が苦しい明白な利用が無いなどと言う連中が年取ったあと天下ったって役に立たないと思うよ。そんな連中に税金の無駄遣いをされるのはもう止めてほしい。60歳以上の公益法人の天下り職員や役員(特に)は全て首にせよ。


山梨県知事が県職員の2%給与カットを言い出した。県職労は明白な理由も無くカットはおかしいと言っているが、県の財政が苦しいと言う事を職員が知らないと言う事か?そんな職員だから県の事業もろくなものが出来ない。県職員よ、山梨だけでは無いんだよ。日本国も山梨以外の例えば大阪も、日本のほとんどの県が真っ赤かの赤字なんだよ。それを知らないと言うのかい。そんな程度の職員なら止めてしまえ。今県の財政が苦しいと言う明白な理由が無いとは良く言うよ。ばかな職労よ、大阪の橋下が「ばか教委」と言ったけれど山梨県の職員はバカ職員だ。県の財政が解らない職員など首にしてしまえ。知事が選挙で県庁は人材の宝庫だと言っていたが人材どころかゴミの集まりだったと言う事か。


三笠フーズと言う会社が汚染米を食用に横流ししていたと言う、トン7万とかのぼろ儲けだと言う事、儲かればいいと言う話じゃないと思うよ。しかし良くやるよ、他人なら毒を食わそうが、カビを食わそうがかまわないと言う風潮、政治ので「ヤーメタ」と言うのと何か通じているような気がするね。ところで農水は何故汚染米を輸入したのかこれも不思議だね。米あまりに米を輸入すると言うのはおかしいと思うけれども、確か条約やら外交やら何やら日本の米を守ると言う事でやったのだとは思うが、おかしな話でまあ輸入する船の中で管理が悪くてカビが生えたと言う所までは解るけれども、日本で禁止されている農薬が使われていたと言う事なら輸入後でも返却するのがすじだろう。もっと言えばその位の検査をしなさい。農薬の検査など農水のお手の物だろう。農水が自分のお金で自分が食べる物を買うと言う感覚で取り組んでいれば汚染米の輸入など起きないと思うよ。所詮農水省の官僚は人のお金で人が使うものを買うと言う感覚しか無かったのか、もしくは単なる条約や契約を机の上で処理していたのに過ぎないのか、農水大臣の不祥事が続く中、所詮役所もそんなお粗末なものだった訳だ。お粗末な官僚の上でいくら騒いだっていい政治は出来ないよ。ここは民主党、そのお粗末な官僚をどう扱うか見物だね。早く民主党政権を実現して、自分達を支持する、自治労などの官僚の民主党の手で整理をしてほしいね。


これはもう9月、10月にも解散だろう・・・という話で持ちきりで麻生さんと上げ潮派で中川さんが誰を押すか。それによっては小泉さんとチルドレンがどう動くか。麻生と小池と誰かでわいわい総裁選を行えばマスコミはすべてそっちへ向いて民主党が吹っ飛ぶというのが自民党の目的?それはそれでいいけれども国民目線で政治をしてくれなければ。確かにいまだ都市部選出議員の間では小泉にという声もあるようだが、地方は見ているよ・・この格差、この不景気、世間の規律や日本のモラルを滅茶苦茶にしたのは小泉改革=郵政改革だったということ。社会を改悪してアメリカイズム(言う事を聞いただけ)を国民に押し付け挙句アメリカと大企業に国民(庶民)に行くべき富を横流ししたこと。確か都市部は大手企業のおかげで潤っているよ。しかし地方を見てごらん、みんな青息吐息だよ。今の政治は儲かったりいい思いをするのは大手企業と官僚だけだ、地方の市役所職員も一番上にいる連中はまさに中央官僚と同じ(もっと始末が悪い)でいやなことは目をつぶって定年まで後一・二年何もしないほうがいいと思っているようだ、南アルプス市でもおんなじ様なものだと聞くが、公務員の皆さん本当に自分のこと意外にしっかり行政を考えてください。あなたはここ一・二年で終わりかもしれないが行政は永久に続くのだから、ここで停滞してほしくない。


山梨県で県庁職員の一律2%の給与カットを行うと言う。いままで公務員は景気が良くても悪くても、経済が発展しても停滞してもその割合が多いか少ないか必ず給与は上がっていた。大阪のように破産に近い状態でも今年やっと橋下知事が給与の減額を決定した。山梨県では県の財政(当然悪いに違いない)を検討して横内知事の決断で知事始め幹部職員は減額されているのに上乗せで2%給与カットと言う。ある意味英断である。次いでに一般企業と同じように通常の勤務が出来ないような職員等は左遷や停職解雇などを行って、また正規職員は現業に行かないような決まりが(有るのかな?)有るならそんなものは取っ払って、一般職員のみならず幹部職員も現業を経験するようにしてほしい。ともあれ山梨県に各市町村でも県にならって2%と言わず3%でも4%でも給与カットを行ってほしい。行政にお金がないのは今後とも当分続く訳で思いきった手を打ってほしい。給与カットが気にいらない人はその職場を辞めれば良い訳で、これは各首長の英断を期待したい。


ありゃ!!4人なのか7人なのか、麻生、小池、与謝野、石原、この辺まではともあれ石破、棚橋、山本、推薦人が最低140人、面白いね。苗字を言うよりタロウ、ユリコ、ノブテルなんてこんな感じの総裁も良いよ。先日民主党は反小沢を立候補させないで野田にまで小沢推薦人を頼んだらしい。この辺が自民との違いだね。民主のほうが自民よりかなり古くて硬い感じがする。個人的にユリコは好きではないけれど(野田聖子のファンでして)彼女がもし総裁に選ばれたら国民の感じは変わるね。天井が打ち破られ閉塞感がなくなるかも。ノブテルも良いね、自民党がかなり若い感じになる。無責任だけれどついでに桝添も出たら。参議院みんなで桝添をなんて・・・イチタもいるけれど参議院から総理が出たら面白いね。内閣を不信任されたが総理は議席を失わない・・・なんてことが起きるかもしれない。ともあれよく見て考えて、わいわい騒ごうよ。せっかくのお祭りだから(名前を呼び捨てにしてごめんなさい)


山梨ではこの秋首長選が3市で予定されている。そのひとつ甲斐市は現職が引退し後継に現職の衆議院議員を決めて選挙戦が始まって9月21日告示28日投票だそうでおおむね対抗馬無し、11月始めに笛吹市11月末に北杜市、どちらも現職対新人で予想を聞くと笛吹は16ポイント離れているというが北杜は競っているという。これにひょっとすると衆議院選が乗ってくる。昨年年頭から夏まで知事選、市長選、県会議員選、参議院選と続いて頼まれて選挙のコンサルタントをしたが、そのため自分の仕事がほとんど中途半端になってしまいもともと一番不安定な建築設備という仕事のために前半に営業ができなかったため昨年後半から今年夏までほとんど仕事無し、みんな選挙で迷惑するんだよね。だから出来るだけおとなしい選挙(遊説もなし、選挙事務所もいらない、運動員も要らない)を提案しているのだけれども、山梨は古いからやはり運動員をわいわい動かして後援会入会カードを集めて、支持者訪問をして、車で遊説をして・・・出ないと古い選挙を経験した人が納得しないのだよな。この前の参議院選は自民党県連で文書違反だよ。誰がどのようにしたのか知りたいよ。


山梨は衆議院選挙区は3区あります。参議院は1区を3年づつ二人の議員がいます。今まで参議院は自民、民主1人づつだったのが前回の選挙でご多分に漏れず民主に変わり現在民主が二人です。さて衆議院ですが現在1区が民主、2区3区が自民の郵政反対復活組、ほかに比例で当選した自民が各区に一人づつ計3人います。福田さんが止めて総理が変わるとすぐに選挙でしょうが、3区の現職は9月21日告示の地元市長選に立候補を予定しています。また2区は郵政反対の現職オールドが自民党公認に決まったようです。そこである方法で調査をした結果を聞きました。1区は民主現職と2区は比例の自民現職が無所属で3区は比例の民主現職ということで自民公認と争った場合すべての選挙区で自民現職はダブルスコアーで負けるそうです。さて自民党1区のAさん、2区Hさん、3区のOさん、全員が比例復活もできないくらい大負けですよ。どうしますか?


建設業界が不況で、倒産したとか、店締めをしたとか、中には業種転換で農業法人を作ったとか、いろいろ話を聞くが行政や政府が本格的に不況対策や業種転換に乗り出しているかというとはなはだ心もとない。私のとところなどちょうどいい機会で業種転換を計画し建設業界からホテルや温泉旅館のメンテナンス業に業転をしようと政府系金融機関で運転資金の借り入れを申し込んだら、今までの業績が悪いからお金は貸せないということである。今までの業績がいいのなら業種転換をする必要はないだろう。政府や県で業種転換を進められて、せっかく計画したのにせめて運転資金くらいは何とかしてもらえなければ業種転換などできないよ。農業に業転をする話をよく聞くが農地を借りたり機械を買ったりで、しかも農業にもよるがおおむね向こう一年は収入がないはずで、その辺をよく考えてくれないとせっかく計画した業転が空振りになってしまう。政府系金融機関はその辺をよく考えてほしい。公共工事で土木工事をいくら増やしても結局その土建屋と下請けと建設機械販売会社の間でお金が回ってしまい庶民には届かない。昔は建設業がすべて「人力」だったために工事が出ると周辺に住んでいる男も女も日当取りで土木作業に行き、帰りに日払いで日当をもらって、そのまま生活用品を買ったり、居酒屋で立ち飲みをしたりというようなことでお金が回ったのだが、今はそんなこともない。公共事業を出すとあるところに集まってしまうだけだ。本当に日本経済を考えているなら一番下(こういう言い方がよくないが下とは零細企業・小規模農業・個人商店・職人さんや運転手・アルバイトやパートタイマー)にお金が回るように政策を考えないと国民の政治に対する有難みが無くなってしまう。そうしたら政治かも大衆から見放されてしまう。確かに指標だと経団連加盟社がよくなると景気がよくなったように(今までそうだった)見えるが、実際は庶民が持つべきお金が大手企業に移っただけ。地方は小泉改革以来めちゃめちゃだよ。


また投出しかい。前の内閣もこの内閣もにっちもさっちも行かなくなって投げ出してしまう。これはもう総選挙しか無い。ここで自民党が勝つためには現在の公益法人をきれいに洗い出して悪いもの、いらないものは全部潰して、公益法人に天下っている64歳以上の役員を全て首にして大掃除をして、社会保険庁もなくして思いきって全員首、保険料は税務署に集金させる、その位の事をして政権を止めろよと言いたい。これでまた自民党は政権から2歩も3歩も遠くなったな。今世論を調べると国民が一番望んでいるのは社会保険庁の問題ではなく景気対策だそうだ。社会保険庁はそもそも社会保険の取り扱いをしていたのは市町村だったが、手に負えなくなってその仕事を県に回したが、県でも手に負えなくなって結局国が請け負ったと言う事だが、その時の職員がいわば自治労でその時の状態を公にしたのが、自治労の時の構成員で有ると言う事。これは自民党と同時に各政党、各県や市町村の知事、首長の責任もあると思うしそう言った首長やそれを監視できなかった国会や各行政の議員の責任も大きいと思うのは私だけだろうか。福田さんは国民の目線でと何度も口にしていたがこの始末は所詮永田町の論理、やっていることは霞ヶ関のお役人の論理、本当に国民の目線なら民主も含めて政局ごっこなどやってられないはず。このままだと日本国民の何割か食えなくなってしまうよ。


工務店と言うのは地場の重要な企業で、山梨県の場合でも地場の工務店の売り上げを全部足すと誘致企業と同じ位になるのではないかと思う。そして地場の工務店は地元の建材屋で資材を仕入れ、地元の業者を使う、その地元の業者が各材料を地元で買う。地場の注文建築の工務店が山梨県内に何件あるかわからないがそれが全部集まれば県内へ誘致している大手企業よりはるかに売り上げが多くなると思う。山梨県では知事が先頭に立って企業誘致を進めているが反面個人住宅の建設はほとんどがプレハブになりつつありプレハブ業者は県外の工場で8割がた製造して建設するわけで、すべての部品や材料が県外で調達される訳で県内に落ちる金は全部地場の工務店で造る場合と比べて2割くらいにしかならない。県や市町村が県内や市町村内の工務店を使って注文住宅を作った場合に、補助金を県で1%くらい市町村で1%くらい出してみてはどうだろうか。県内の工務店で使う材料が県で調達されることにより地方消費税だけでも2000万の住宅なら県へ20万円、市町村へ20万円落ちるわけで県や市町村は元は取れる=行って来いだしそれより県内地場工務店の育成にもなる。


a:3752 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional