アルプスのふもとで農業体験

08-7top

ナンプスビズへようこそ

アルプス(ナンプス)地方の情報を掲載します。

ホームページ作成講座に付いて! ここも参考にしてね・・・・ホームページへの誘い

観護ネットは携帯でも見る事が出来ますので遠く離れたご家族の無事が確認出来ます。

選挙に勝とうよ自民党!

当分の間自民党応援キャンペーンをして行こうと思います。うまくやれば選挙に勝てます。もし負けるなら堂々と負けて、今までの自民党の負の遺産(自民党で決めたから改正できないもの)の改正と消費税増税を小沢民主党にしてもらおう。


行政を取り仕切っていると言う、多分自負していると言う官僚があまりにもバカで、昔のように自信を持ってなおかつ責任を取る気概が有る官僚がいないと言う事が今の日本の残念な所で、本当に国民の目線で国の事を考えていない事が日本が駄目になった一番の理由だと思います。


山梨2区と言う問題の選挙区が有ります。ここは若手のNの方が強いと地元では言われておりますが、Fと言う後期高齢者の候補がいます。今回Fが公認になりました。どうして自民党の比例区の定年をこえた後期高齢者が公認になったか・・・それは前回の選挙で郵政反対をさんざんあおっておいて敵前逃亡をした自民党の選挙管理責任者が同じ派閥で、そこに変な癒着が有るからだと地元では言われています。郵政選挙で他人をさんざんあおっておいて最後には勝手に敵前逃亡をした人を選挙責任者にした自民党も自民党ですが、変な裁定で割りを食う山梨二区の党員こそ迷惑千万です。オールド県議の訳の分からない理屈は聞かないで、本気で地元のためになる候補を選ぼうと思うのはおかしいですか。


大分県の教育委員会の贈賄で教育委員会内の昇進も贈賄で点数の増減をしていたらしい。その権限は1人ですべてを仕切っていたようだが、その仕切っていた人はどのようにしてそこまで出世したのだろう?やはり誰かにお金を使ってその位置にのぼりつめ、今度は自分が使った分に利息を付けて取り込んだのかもしれない。でも大分だけなんだろうか、国内の行政府のほとんどに、もし大分と同じようなシステムが有ったら・・・・考えられるよな、今の行政府(霞ヶ関)のお役にんさんはそのほとんどが国民の方を向いていないから、ひょっとしてお金をくれる方とか出世させる方とかの方向を向いているんじゃないかと勘ぐりたくなる。


政治家や行政でいろいろ政策や行政手法を討論しているが、所詮机の上だけで、実際に主導している官僚や政治家の中に親の面倒を見ている人は多分皆無だろうし、実際に農業をしている人も皆無だろうし、漁業をしている人も皆無、当然石油を売って暮らして居る人も皆無。つまりそんな人たちが多分こうだからこうなるだろうと想像して言っているのにすぎず、実際に体験して政策や行政を行っている人はいない訳で、市町村役所でも行政の立場に居る人は行政府の中で現業に付いた経験の無い人ばかりで、しっかりした裏の取れた政治をする事に期待するのは無理だろう。皆無政治、皆無行政だネ。


日本国中で公務員試験や教員試験の事前発表が行われていたと言う話が新聞やメディアで騒がれており、事前に首長や議員に連絡はしたが不正はないと言う事だが、不正が無いなら何故首長や議員は前に知りたがるのだろう。推測だが議員や首長は頼まれており、実際になにもしなくても合格すれば自分の力で合格させたように振る舞い、金銭を貰わなくても後で票になるとか、何かの時の力にするための行為ではないのだろうか。今団塊の世代の最後の世代が公務員でも上層部に居る訳で、当時の公務員(村役場)等の受験(試験など無かった)時の首長や議員の振る舞いがDNAとして職員(上層部の)の体に染み込んでおり首長や議員の振る舞いに対して何も考えずにただ従うだけの職員が多いと言う事だろう。我がナンプスではそんな事が無い事を祈っている。


変な国北朝鮮、基本的には人命が一番大切だろうに・・・それが犯罪者であれ凶暴者であれまず命を大切に、今は崖っぷちに居る犬とか、迷い込んだイルカとか、何であれ命の大切さが叫ばれているのに、ただの観光者それも女性を有無も言わせず射殺して、挙げ句の果てに南に謝罪しろだと。もともと金正日は狂っていると思っていたがそれ以上に北朝鮮は人はいないんだと痛感した。何はともあれ人間の命は大切にしなければ。そんな国とまともな交渉をしようとしている福田さん、あんたは大変な事をしようとしているんです、つまり人間と悪魔と交渉して行くようなもので拉致を解決する事は常識では考えられない事なんですよ、向こうでは。平気で人間を殺す人たちが拉致してきた人間を生かしておく事が北朝鮮では異常な事で自慢できる事ですから。北朝鮮では多分、人間も虫けらも金正日以外は全て同じ、踏み付けてしまってもかまわないものです。


洞爺湖サイトが終わるそうです。今日13カ国会議があり各国のエネルギー消費量をどのようにするか決めるのだとか。エネルギー消費は先進国が今まで勝手に油をがんがん燃やしてCO2を出していたのだから先進国が80%削減すべきというのが後進国の主張、中国などはどうなのかね?こうもりみたいに都合のいいときは国連常任理事国、都合が悪くなったら後進国、アメリカだって努力しないで油をどんどん燃やしていて国連常任理事国。せめて国連の幹部国が率先して省エネに取り組んでみたら?ところで今ナンプスでも取り組みを検討してもらっているのですが、ちょっとした温泉施設でも年間300トン以上のCO2の削減ができる?んです。検討してみると色々は方法があるものです。


公益法人は24,893有るそうです。ナンプスなどにも該当する公益法人が有るのかね?。そのうち国所管は6778だそうです。6778の内一体何人官僚OBが居るのか、またそのうち65歳以上は何人居るのか。これを公表してまず65歳以上には辞めてもらいましょう。多分ほとんどがくにから補助を沢山もらうためのOB雇用だから。今まで良い思いを勝ってにして国民の資産を食い物にしていた連中だから、今さらかばう必要なし。頑張れ自民、それをすれば支持率回復間違いなし。一気にやればひょっとすると今すぐ選挙でも勝てる・・・・そんな気がします。


タクシー業界が大変だそうです。自由化したらタクシー会社は売り上げを増やすために増車してその分各車の一台あたりの売り上げは減少して、運転手の歩合の給料は減るけれども車の経費は変わらないので結局収入が減っているのは運転手だけだそうです。行政担当者(国土交通省)は自由化が行き過ぎたと言っているけれども、所詮机の上の話で本当は個人タクシーを増やせば良いのです。行政は単純に机の上で絵を描くからこう言う事に成る訳で本当に調査すると個人タクシーを増やせば運転手の給料問題も方つくし、自由化問題もOKだし、その分自分達の「居酒屋タクシー」は無くなりますよ。こう言う所に政治が力を発揮して運転手のために成る政治をすれば支持が上がるのに。昔から自民党は業界に目を向けて、業界からの政治資金をあてにしていたが今後は企業、業界からの献金など当てにしないで一人一人の国民の要望をかなえてやれば選挙に金を使わなくても票は集まると思うよ。


医師不足が騒がれているが医者は増えているそうで(毎日新聞なるほどり7月2日)不足しているのは産科、小児科など過酷な勤務医師が不足しているだけだそうです。ならば政治で何とかなりそう、勤務医にしても開業医にしても産科、小児科の診療報酬を増やして、技術もいらない楽な外科や内科の診療費を減らせば良いだけで素人考えでは簡単に解決出来そう。政治でやる気が有るか無いかだけの話では。自民党さんちゃんとよろうよ。国民のために。

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional