ここでは南アルプス地方の諸々紹介をしたいと思います。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS富士

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS富士山

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSワクチン接種

 

いよいよ武漢肺炎のワクチンの接種が始まるらしい、(この肺炎のことをあくまでも発祥地を限定するために武漢肺炎もしくは武漢ウィルスといいます。)自分は今まで1度もワクチンの接種と言うことをしたことがない、今までのインフルエンザウィルスもワクチンの接種をしたことがないが数年前に家内が骨折をして医者へ行ってその医者は外科医だったけれども内科も併設されていてそこにインフルエンザの患者がいたらしい、そこで家内がインフルエンザに感染してきて医者に2週間家の中に留まるように言われたときに自分はずっと2週間家内と向き合って暮らしていたけれどもインフルエンザには感染しなかったと言う話を書いた覚えがあるが今回この武漢ウィルスに関してはインフルエンザと違ってワクチンの接種をしようと思っている。

 

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS注射器

 

何故かと言うと多分日本政府かあるいは各都道府県に移動する時、旅行する時などにこのワクチンの接種証明の添付が義務化されるのではないかと思う。もし行政で添付を義務化しなかったとしても各ツーリストの旅行の参加条件には必ずワクチン接種の証明を求めると思う。

 

昨年の暮れ12月の9日から九州方面へ松本空港から飛行機で出かけるときにまず空港に参集をしたときに全員が体温の検査を求められ非接触の体温計で測った状態でオッケーであればそのまま参加できてその体温計で体温が異常と言う表示が出ればその人は実際に脇の下入れる体温計で体温を測ってオーケーが出れば初めて参加と言うことが認められる。

 

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS飛行機

 

旅行地へ行っても各ホテルにしてもいろいろな昼食時場所にしても全てが検温をしての入館あるいは入場である。つまり今度のワクチン接種が始まると各ツアーに参加する場合でも必ず参加者にワクチン接種の証明の添付を求めることは間違いないと思う。自分が旅行に行きたいと言うことを前提に今まで受けたこともないワクチン接種をしようと考えている。
南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS仕切り富士山

 

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS仕切りリウマチの続き
リウマチを直す5つのステップ言う本にも書いてありましたが免疫力を高めてリウマチを治すと言う考えもあるようです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS本

そこで免疫力とは何かと言うことになるわけですが私の同級生の説は免疫力とは腸の力だと言う話です。腸にはいろいろな細菌やまた人間の体のためになるウィルスなどがいるそうですがそもそも今流行っている武漢ウィルスにしても免疫力がないから感染すると言うことらしいのです。人間はこの世にできてから何万年と経っているわけですがその間にいろいろなウィルスに感染して発症した場合もあるしあるいは病気にならずに過ぎ去った場合もありいろいろなウィルスに免疫ができていると言うことです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSウィルス

何万あるいは何何十万と言うウィルスにすでに人間が何万年も生きているうちにそのDNAの中にウィルスの免疫と言うものができていてその免疫のないウィルスだけが感染しやすい、そして感染するときに発症する人と発症しない人がいる。それは腸の中にある免疫力を司る力が強いか弱いかによって決まってくると言うことです。そして腸の免疫力を強くするためにはいろんな菌を腸の中に増やせば良い、それはいいヨーグルトを食べることだと言っていました。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSヨーグルト

良いヨーグルトと言うのはもう数が決まっていてLGG乳酸菌、L-55乳酸菌、ガセリ菌sp株、R-1乳酸菌などというのがあってその乳酸菌で作ったヨーグルトを食べれば良いと言うことです。そしてヨーグルトは食事をたくさんした後に食べるのが良いと言うことです。乳酸菌などの菌胃液が殺してしまうということです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS乳酸菌

ここで食事をある量した後胃液が薄まっている状態の時に乳酸菌をとると腸まで届く可能性が高いそうです。またヨーグルトはもし胃液で菌が殺されたとしてもその死骸が腸まで届いて今度はそれが乳酸菌など腸内にいる細菌類の食料になるそうです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS甘酒

だからヨーグルトなどの乳酸菌を含む食物他には味噌汁とかあるいは甘酒とか漬物類とか醤油とかいろいろな乳酸菌を含む食べ物があるわけですがそれをできるだけバランスよく多くとることが大切だそうです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS味噌汁

人間に必要な菌類は腸の中にたくさんいればいるほど人間の免疫力が強くなると言うことです。前に書いたLGG乳酸菌、L-55乳酸菌、ガセリ菌sp株、R-1乳酸菌などを原料とした乳酸菌は普通に市販されていますので調べればすぐわかると思います。そして乳酸菌をとることによって免疫力を高める、するとリウマチにもかかりにくくなると言うことです。ヨーグルトを食べてリウマチにかかりにくくなるであればこんな簡単な事はありません。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS免疫力

私はその話を聞いてから毎朝明治のR1ヨーグルトを食事の後に食べるようにしています。そしてこの頃は夜の食事の後にも自宅で手作りしたヨーグルトを食べます。ヨーグルトを作るヨーグルトメーカーと言う簡単な機械がありそれで牛乳を使ってヨーグルトを作ります。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSヨーグルトメーカー

前にも書いたあの数種類の乳酸菌類のヨーグルトの液体でできたものが市販されておりその液体のヨーグルトを買ってきてそれを牛乳に混ぜてヨーグルトメーカーで一晩かけてヨーグルトを作るわけです。自分としてはリウマチの予防そして免疫力のアップそれから健康のためにヨーグルトを毎日2回ずつ欠かさず食べることにしています。

 

リウマチは原因として直接の原因ではないけれどもまず口呼吸をしているそうです。ほとんど気がつかないけれども口呼吸をしている人が結構いるらしい。口呼吸をしているから必ずしもリウマチになるということではないがリウマチになっている人は口呼吸をしている人が多いそうです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSリウマチ

リウマチを直す5つのステップと言う本では口呼吸をしていると言うチェックリストが載っている、興味のある人は本を買って欲しい。そして口呼吸を止めるためには「あいうべ」がいいそうです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSあいうべ

あいうべと言うのは口を大きく開けてあと言う、そしていと言う、次はうである、全て口を大きく動かして発生する、最後はべである。このあいうべを1日に3回各回とも20回以上言うのがいいらしい。ただ外で行ったりするとそのために口の中が乾燥する、特に冬などは乾燥するので一番いいのは風呂の中でするのがいいということです。私はこの本を読んでからもう2年以上毎日このあいうべを本の通り1回ごとに20繰り返しそれを日に3回以上行っています。私の仕事場は車で5分位でつける近隣にあるわけですがその行き帰りにあいうべを車の中で繰り返しています。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS医者

もう2年位前になるけれどもある会合で私がこの話をしたら私の同級生の女の人、まぁもうかなりの歳の人ではあるがあり新聞か本でこの話を読んで私の話に賛同してくれてその時言ったのがその人が読んだ書物にはこのあいうべは誤飲性肺炎の予防になると言うことで進めている病院あるいはお医者さんもいると言うことだ。このあいうべを繰り返す事は車を運転しながらでもできるので別に難しいことでもない。
南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS続き帯
リウマチが発症したときに実は私はかかりつけの医者に別のことを相談していました。それは70歳になると献血ができなくなるのです。私は若い頃からずっと献血を続けておりましたので普通は65歳で献血はできなくなるのですが続けていた人は満70歳になる前まで献血を受け付けてもらえます。献血をすると血液センターの方で血液で調べられるいろいろな病気の検査をしてくれて献血も2週間以内に献血センターからその診断の結果が送られてきます。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS献血

私は69歳の12月まで何も病気の症状はなくて安心していたわけです。しかし今度はその検査をしてもらうことができないと言うことになりますので自分で自費検査をしなければならない、そこで家内の姪が医療事務の資格を持っており近所の医者に受付方々事務をすると言うことで勤務しているクリニックに検査をしてもらいました。ところが検査の結果どこをどう間違えたのか私の体からはインスリンが出ていないと言う診察でした。私もびっくりしましたが医者はこれは糖尿病だ、こういうのを隠れ糖尿病と言うと言う話をしました。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS血糖値

私も約70年間は特にここ50年ぐらいは病気をしたことがありません。2.3年前にも家内が足の怪我をして病院へ治療に行ったわけですがその病院が外科、内科の2局がある病院で結構混んでいる病院で家内はその病院に行って外科の治療を受けながらインフルエンザに感染してきました。病院では2週間の謹慎というか家を出るなと言うことで家内は2週間ずっと家の中にいたわけですがその折私は家内と向き合って食事をし課題と向き合って話をする機会が1日のうちの数時間あるわけですが2週間インフルエンザの患者と向き合っていて自分がインフルエンザに感染しなかったと言うことがずっと自慢でした。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS健康

そのくらい健康な体だったのでまさか糖尿病になるとは思っていませんでした。しかし本当に糖尿病なら困るなと言うことで血液検査の結果が出るまで様子を見てみようと言うことにしました。約1ヵ月後に検査の結果が出ました、結論から言うと糖尿病ではなくインスリンも出ている、ただインスリンの出る時間が正常の人は食事をすると同時に血液中のインスリンが増えるそうですが私の場合はインスリンが出てくるのに時間差があると言うことでした。検査の結果はやはりどこも悪いところはないと言う事でしたがその時私は体重が着衣のままですが79.8キロありました。2年位前から体重が増えだしスラックスのベルトは穴1番遠いところウェストのサイズは94センチのスラックスが少しきつくなり始めておりました。医者には体は健康な状態だけれども歳をとってきたらやせた方が良いと言うことを言われ痩せる治療を始めないかと提案されました。話を聞いてみると痩せる治療というのは簡単に言えば初期の糖尿病の治療だそうです。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSでぶ

今のうちに治療を始めておけば糖尿病にはならないし多分健康を保持できると言うことでした。そこで医者の言うように毎日朝一錠の薬を飲むと言うことを始めました。そんなことで毎月いわばかかりつけ医に体の検査をしてもらうと言うこととしました。そして体重はすこしずつ少しずつ減ってきましたがその治療をしているときに左右の手の指の関節が痛くなったわけです。最初は前にも話したように歯医者へ行っていてインプラントのいわば工事をしていたわけです。そして医者には感染しやすいと言われいちど埋めたインプラント取り出してまたインプラントの手術をしてまた取り出してなると言うことを3回も繰り返しました。この時歯の感染から体の中に菌が入り体内のどこかの部分に感染症状が出ていたのではないかと思います。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS本

そうすると薬を使わずにリウマチを直す5つのステップと言う本で今井先生が指摘をしている項目とおんなじだなぁと思えるのです。

 

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSリウマチの続き
私がリウマチを発症したのは平成元年の11月半ばごろ、その頃歯の治療をしており奥歯をニ本インプラントに変えると言うことでその外科手術的なことをしていてインプラントの台をちょうど歯茎の下にある骨の中に埋め込んでいる時でした。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSインプラント

大体インプラントと言うのはこの外科手術をして半期の切った部分を融合して1週間位でその融合した糸を抜いてその後1ヵ月以上おいて今度は加工した歯を取り付けると言う順序になるらしいのですが、台を取り付ける手術をして大体2日位で痛みがなくなり1週間ぐらい経つと歯茎もほとんど腫れもなくなってきれいになると言う事ですが私の場合は2日たっても3日たっても1週間たっても痛みがとれずにずっと痛み止めの薬を飲み続けていました。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS痛み止め

歯医者さんでは1日半分と言うことで痛み止めの薬を4錠から6錠出してくれたわけですが大体一日6錠から8錠ぐらい飲まなければ痛みが抑えることができませんでした。ただ私のほうも近所の薬屋さんで同じ薬のジェネリックを売っていたもので一錠いくらと言うほどの高い金額ではなく気にしなくて服用できていましたのでいわば歯の病気がリウマチに関係してくるなどとは思ってもいませんでした。歯の治療のほうは結局翌年の春までかかってこのインプラントの台取り付けるときに感染していたと言うことが医者から言われてなるほどなーと思った位でした。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS手が痛い

ところが私の両手は指の関節が腫れているように膨らんで痛みを伴ってきたのがだんだんだんだん強くなって12月から正月にかけては自分が寝ている布団を畳んで押し入れ持ち上げることも辛い位でした。布団を指でつまむことができなく布団を持つときには両手を布団の下へ突っ込んでそのまま持ち上げて布団の真ん中が垂れるのでお腹の上に乗せて運ぶようなことをして布団を片付けていました。

 

痛かった

 

歯の治療は春先に終わりその時知り合いの整骨院へ行きました。この整骨院は今の院長の親が昔からの知り合いで以前にもいちど怪我をしたときに治療をしてもらったことがあったもので訪ねて行って手を見せたら即座にこれはリウマチの可能性が大きいと言うことでした。

 

私の血縁関係にはリュウマチの持病を持っている人が大勢いるもので自分もリウマチになることを恐れていたこともありました。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS医者

数年前から知人が受付をしているかかりつけの医者がいましてその先生に指の関節があまりにも痛いのでリウマチの可能性があるかもしれないからいちど検査をしてくれないかとお願いし血液検査をしてもらったら1ヵ月後に結果が出てリュウマチの数値がかなり上がっていると言うことでした。すぐに知り合いのリウマチの専門医を紹介すると言う事でしたが自分的にはあまりにも簡単にリウマチと言う診断をされたのでとても気持ちの上で怖くて紹介していただくのを躊躇していました。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSリウマチ

それでも初夏になってかなり暖かくなってきて通常の痛みなどはなくなると言う季節だと自分が思っていたのですがいつまでたっても痛みが和らぐことがなく寒いときのままよりも痛みが強くなってるような気がしたので思い切ってリウマチの専門医を紹介してもらいました。専門医はかなり混んでいて忙しいようで5月の末に初めて行ったときには診察をしてもらえませんでした。

 

そこで約1ヵ月後の予約を入れてきてその予約の日に専門医を訪ねたわけです。診察は血液を御本多分10 CCから20 CC位だと思うけれどもとってそれを調べるわけです。10分ぐらい待つと診察室へ呼ばれてそこで血液検査の結果を見てもらったら体内に炎症が起きていると言うことでこれはリウマチの可能性がかなり大きいと言う診察でした。そこでリウマチの薬を手配すると言うことで1回に4錠飲む薬それを4週間分手配してもらいその日は診察が終わりました。


野草の薬用

クワ

 

ヤマグワ、ロソウ、カラヤマグワなどを改良した栽培品種を用いることもあります。 冬に根を掘り、細い根は取り除き、水洗いしてから皮部をはぎ天日で乾燥します。 これが生薬の桑白皮(そうはくひ)です。

 

11月ころの葉を採取して天日で乾燥したものを桑葉(そうよう)といい、4〜6月 に若い枝を刈り取り天日で乾燥したものを桑枝(そうし・くわ茶)、4〜6月ころに 果実を集めて乾燥したものを桑椹(そうたい)といいます。

 

桑白皮(そうはくひ)には、利尿、血圧降下、血糖降下作用があり、漢方薬の清肺湯(せいはいとう)、 華蓋散(かがいさん)などに処方されます。 桑白皮(そうはくひ)だけを用いる場合は、1日量10〜15グラムを煎じて服用します。

 

桑葉(そうよう)は、細かく刻み茶材として、お茶のように急須にいれてのむと便秘、高血圧、動脈硬化、補血、強壮、咳止めの予防になります。糖尿病、口渇き、頭痛、たん、せき、目の充血には、1日量5〜 10グラムを煎用とします。 桑枝(そうし)は、リューマチ、神経痛、関節炎に1日量30〜60グラムを煎用します。 桑椹(そうたい)は、肝臓、腎臓の機能を高める作用があり1日量10〜15グラムを煎用します。

 

クワ酒:桑白皮(そうはくひ)200グラム刻み、砂糖を同量加えてホワイトリカー1.8リットルに 6ヶ月程度おいて、完熟させます。布でこして就寝前に約15ミリリットルを飲用すると高血圧の予防 になるとされます。熟した果実500グラムか桑椹(そうたい)200グラムに、砂糖150グラムを 加えて、約1ヶ月漬けたものをクワの実酒といって疲労回復、強壮、浄血、動脈硬化の予防になるとさ れます。

 

塗布:乾燥した葉を粉末にして、ゴマ油で練って患部に塗ると熱湯のやけど/span>に効果があるとされます。 生の果実はそのまま食べても薬効があるとされています。また、若葉は、ゆでてから調理して食べます。それから新芽(葉が3~4枚くらい出た)を摘んで天ぷらにして食べると春の味覚としていろいろな山菜と同じようにおいしく食べる事ができます。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUSくわ

 

月見草

 

私たち日本人になじみ深い月見草(オオマツヨイグサ)には、γリノレン酸 (GLA)が多く含まれています。月見草はチリが原産とされ、遙か昔に渡来しました。現在では野生化し河原や山野などでよく見られるようになっています。多年草で、香りのある黄色い花を咲かせます。

 

北米では数千年も前からインディオが月見草を痛み止めや感染症,皮膚病や外傷の治療に利用してきました。月見草の有効成分は種子に約9%含まれているγリノレン酸(GLA)です。

 

人間の体内ではリノール酸を含む食品を取ると、体内で生理活性の高いγリノレン酸に変換されます。しかし、リノール酸(マヨネーズやサラダ油に多く含まれる)の取りすぎや加齢,ホルモンバランス,コレステロールや甘い物、アルコールの取りすぎによってγリノレン酸への変換がストップしてしまい、体内のγリノレン酸濃度が低下してしまいます。

 

γリノレン酸は血圧の安定や子宮筋の調節,アレルギー反応の調整など様々な 生体機能の調整に働きます。従ってγリノレン酸を充分摂取すると生理痛や生理前症候群を改善し、アトピー性皮膚炎やリウマチなどのアレルギー性疾患に 大変効果的です。
γリノレン酸は、主にヨーロッパ(イギリス,ドイツ,フランス)ではアトピー性皮膚炎の治療に用いられています。

南アルプス,修理,パソコン相談,SIRIUS月見草

南アルプス地方の紹介記事一覧

暑さ寒さも彼岸までとは言よく言ったもので16日近所の川の土手を歩いていたらもう桜の花が2分ぐらい咲いていてコブシの花も半分ぐらい咲いていた。3月15日に東京で桜の開花宣言があり山梨でも多分同じ頃開花したのではないかと思うが1日2日の間に桜の花もかなり開いてきています。桜と同じように咲くのがスモモの花で最初に咲くのが花粉取り用のハリウッドと言う種類、この花は色が桜と同じようにピンクがかっていて桜より...

青ジソ採取時期 葉は6〜10月、種子は10月頃主要成分 ・フラボノイド(ルテオリン) ・ビタミンC ・シアニジン(鎮咳効果) ・ペリラアルデヒド(シソアルデヒド)・・・防腐作用 ・リモネン ・ピネン ・αリノレン酸 ・リノール酸 ・ステアリン酸 ・パルミチン酸 ・シトステロール ・スチグマステロール ・β-カロテン ・カロチン ・カルシウム ・鉄 ・ロズマリン酸・・・ポリフェノール ・シソニン・・...